X JAPAN-YOSHIKIのドラムの実力は下手?腕前や特徴をチェック!

2019年8月22日




X JAPAN-YOSHIKIのドラムの実力は?

YOSHIKIさんと言えば今や世界的なバンド、X JAPANのドラマー兼ピアニストでありリーダーを担当。

さらにX JAPANのみならず様々なアーティストに曲を提供すのなど作曲家としても評価され、最近では事業家としての才能も見せるなど実に多才なYOSHIKIさんですが、今回はその中のドラマーとしてのYOSHIKIさんにスポットを当てていきたいと思います。

一見超絶テクニシャンであるかのように見えるYOSHIKIさんですが、実はドラムの実力、腕前は賛否両論で、上手いだとか下手だとかいろんな意見が出ています。

では実際のところどうなのでしょうか?

10年以上バンド経験がある私が勝手ではありますが、YOSHIKIさんのドラムの腕前を私なりに評価していきたいと思います。




X JAPAN-YOSHIKIのドラムの実力は上手い?下手?

 まず結論から言うと、YOSHIKIさんのドラムの実力は、下手ではありませんが、特別上手いとは言えません

しかしバンドというものはギターにしろベースにしろボーカルでさえも、上手さや技術は二の次だと思っています。それよりも大事なものはその人やその人が出す音に魅力があるかどうかが一番大事だと思います。

そうゆう意味ではYOSHIKIさんがここまで人気があるのは魅力があるからに他なりません。実際一番地味なパートのドラムがバンドの中でもここまで目立つのは異例だと思います。それだけYOSHIKIさんの存在に魅力があるということですね。

音楽はスポーツなどの競技ではないので、技術を競っているわけではありませんし、「技術が高い=人に感動を与えられる」というわけではありません。

とはいうものの、X JAPANの音楽のジャンルはヘビーメタルを基盤としています。ヘビーメタルは他のジャンルとは違って、ギターは特にですが技術を競っているような側面も少なからずあります。

なのでヘビーメタルを好きな人は、どのバンドのだれだれが上手い。いやいやだれだれのほうがもっと上手い。という会話をよくしていて、比較的玄人っぽいファンが多い印象です。

ということもあり、YOSHIKIさんを玄人目線で見て、下手だというヘビーメタルファンも多いのではないかと思います。

YOSHIKI(X JAPAN)のピアノの実力は?下手って本当?腕前を調査!

X JAPAN-YOSHIKIのドラムの特徴

X JAPAN-YOSHIKIのドラムは下手?

先ほどYOSHIKIさんのドラムの実力は特別上手くないと書きましたが、どんなところが上手くないのかYOSHIKIさんのドラムの特徴を見ていきましょう。

ツーバスとは?

YOSHIKIさんのドラムの特徴は、見た目でも分かる通り、通常一つのバスドラが二つあるツーバスを使っています。バスドラは足でペダルを踏んで叩くので、ツーバスは両足を交互に踏むことになり、常に走っているような状態になります。なのでそうとう体力を使うことになりますね。

テンポが速いというが?

X JAPANの曲はテンポの速い曲が多いので、YOSHIKIさんのドラムはめちゃめちゃスピードが速く、そんな速いドラムが叩けるYOSHIKIさんは上手い。と言う人がよくいますが、普通のJ-ポップと比べれば確かに早く感じるでしょうが、超絶早いというわけではありません。

実際に私はパンク・ハードコアというジャンルのバンドをやっていて、人間の限界に迫る速さの曲を中心にやっていたので、それと比べれば正直全然早くないです。なのでX JAPANの曲が速いというのはポップスと比べて速いということですね。

そして速いから上手いというのは少し違う気がします。

テンポが速くなったり遅くなったり安定していない

よくネット上でYOSHIKIさんのドラムは、「テンポが速くなったり遅くなったりして安定していないから下手」という意見がありますが、実際にその通りだと思います。

ドラムが上手いか下手かを判断するのにまずは技術ではなく、単純にテンポが安定しているか、正確に叩けるかというのが第一にあります。

しかしこれはとても難しく、人はどうしてもライブなどで気持ちが高ぶっているときはテンポが速くなってしまう傾向にあります。どんなに熱くなっても冷静に叩くという感情のコントロールがドラムには必要です。ということもあり、ドラムで激しいパフォーマンスをする人は少ないのだと思います。

激しいパフォーマンス

YOSHIKIさんはドラムを叩きながら激しいパフォーマンスをします。なので見た目は派手で叩いている姿はとてもかっこいいです。その代償としてテンポが不安定になってしまうんでしょうね。(ヘッドバンキングのやりすぎで頸椎ヘルニアになり手術するという代償も)

欲を言えばテンポは安定しているに越したことはありませんが、YOSHIKIさんがここまで人気があるのはやはり、見た目やパフォーマンスに拘ってきたからでしょうし、もしYOSHIKIさんがおとなしく地味にドラムを叩いていたらここまで人気は出なかったでしょうから、まあこれでよかったんだと思います。

しかも素人は気付かないでしょうし、ライブではお客さんも熱くなっているから気付かないです(笑)

ただ後で冷静にライブ音源を聴くと気になりますが・・・

クリスタルドラムのデメリット

YOSHIKIさんのステージでのドラムセットはピアノと同じクリスタルのものを愛用しています。これは透明なので「照明によって七色に光る」というところが気に入って使用しているしているそうです。

しかしこのドラムセットにはデメリットがあり、素材がアクリル樹脂でできているため鳴りが悪く、強く叩かなければしっかり音が出ないそうです。これはクリスタルピアノでも同じようなデメリットがありますね。

なので通常よりも体力を消耗するでしょうし、それがリズムキープにも影響しているのかも知れません。YOSHIKIさんはこうゆうデメリットよりも、ステージ映えするというメリットを優先したということです。

X JAPAN-YOSHIKIドラムセット・スティックのメーカーや値段は?

YOSHIKIのピアノKAWAIの値段は?クリスタル現行モデルや限定モデルをまとめて調査!

引き出しが少なくワンパターンになりがち

 ネット上でよくある意見のもう一つが、「引き出しが少ない」という意見です。

たしかにそうかもしれませんが、YOSHIKIさんのドラムはパワフルなドラムで、激しく叩きまくるというイメージがあります。それはX JAPANの音楽がそれを求めていて、ヘビーメタルというジャンルなので仕方ない部分もあるような気がします。

なので引き出しが少ないという意見に対しては、X JAPANの曲に必要なドラムを叩くと必然的にそうなるという気がします。

同じタイプの曲なので引き出しが必要ないのか、引き出しがないので同じタイプの曲しかできないのかはわかりません。

X JAPAN-TOSHIの歌唱力や音域はどうなの?その実力を調査!

まとめ

YOSHIKIさんはドラムが特別上手くないと書いてしまいましたが、下手だとは思いませんし、問題ないレベルだと思います。要は玄人目線から見ると上手いとは言えないということです。

私はYOSHIKIさんと対照的な、強弱やテクニックをふんだんに使って表現するジャズドラムっぽいのも好きですが、X JAPANにはYOSHIKIさんのパワフルなドラムが合っているし、上手さよりも魅力があるかどうかが大事だと思います。

本来地味なパートのドラムの地位を上げたのは、間違いなくYOSHIKIさんの存在が大きいと思います。

今回はX JAPAN-YOSHIKIさんのドラムの実力、腕前は上手い?下手?実際はどうなのか個人的な見解で勝手に評価してみました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事

YOSHIKI(X JAPAN)の生い立ち・学歴は?出身校や偏差値を調査!

YOSHIKI(X JAPAN)彼女は?現在から歴代元カノまでまとめて調査!

YOSHIKIと工藤静香は過去に交際?別れた理由や逮捕・土下座や対談動画も調査!

X JAPAN-YOSHIKI伝説!問題行動・逸話まとめて公開!

X JAPAN-YOSHIKIのスッピンがひどい?整形や韓国人はウソ!?について検証!